【スパイクハイとスパイクロー】相場の反転を示すプライスアクション

スパイクハイとスパイクロープライスアクション

こんにちは。FUTAKOです!

前回は“プライスアクションとは”についての記事を書きましたが、本日からプライスアクションの基本的なローソク足のパターンを紹介していこうと思います!

プライスアクションを使ったローソク足の分析を行なっていくにあたって、まずは基本的なローソク足の基礎知識を頭に入れておく必要がありますので、しばらくは基本的なプライスアクションのパターンについて紹介をしていきます( ^_^)

そもそもプライスアクションとはなんぞや!?という人は前回のプライスアクションの説明ブログを見てくださいね!

大衆心理を読み解くためのプライスアクションとは
こんにちは。FUTAKOです。 本日から定期的にローソク足から値動きを分析・予想するプライスアクションに関する記事を日々のトレードの備忘録としてこのブログに残していきたいと思います。 FXトレード初心者の方から上級者の方...

本日は一時的なトレンド相場の反転のサインとなるプライスアクション“スパイクローとスパイクハイ”について説明します!

〜今回の記事でわかること〜
・スパイクハイとスパイクローのプライスアクションについて
・スパイクハイとスパイクローの発生条件について
・スパイクハイとスパイクローのエントリーポイントとダマシについて
・実際のチャート事例の紹介

スパイクハイとスパイクローについて

まずはスパイクの意味とスパイクのチャートについて説明しますね。

スパイクの意味

サボテン

スパイクとは本来、”クギ”や”突出した”、”尖った”という意味を持ちますが、プライスアクションにおいてのスパイクは前後のローソク足と比較して相対的に勢いよく突出したヒゲを作ったローソク足のことを指します。テクニカルにおけるスパイクはトレンドの発生中に出現した場合は、一時的なトレンドの転換を示すシグナルになることが多いので覚えておきましょう!

スパイクハイとスパイクローの定義

トレンドの一時的な反転を示すシグナルとなるスパイクハイとスパイクローについて説明します

スパイク

スパイクハイとは

スパイクハイは上昇トレンド中に急激な価格上昇があり、一時的に価格が天井をつけ、実体が小さい長い上ヒゲとなってローソク足が確定した状態のことを指します。スパイクハイはヒゲ先に強い抵抗帯や売り圧力があることを示唆しており、スパイクハイの確定後は一時的にトレンドが反転し、下落に転じやすい傾向があります。そのため、スパイクハイが確定した場合は、買いポジションの利確ポイントor売りシグナルとして売りを仕掛けていくポイントになります。

スパイクローとは

スパイクローは下降トレンド中に急激な価格下落があり、一時的に価格が底をつけ、実体が小さい長い下ヒゲとなってローソク足が確定した状態のことを指します。スパイクローはヒゲ先に強い抵抗帯や買い圧力があることを示唆しており、スパイクローの確定後は一時的にトレンドが反転し、上昇に転じやすい傾向があります。そのため、スパイクローが確定した場合は、売りポジションの利確ポイントor買いシグナルとして買いを仕掛けていくポイントになります。

・スパイクハイ‥売りのシグナル
・スパイクロー‥買いのシグナル

スパイクハイとスパイクローの条件

次にスパイクハイとスパイクローと判断するための条件について詳しく買いていきます (^ ^)

スパイクの発生条件について

スパイクハイの発生条件

スパイクハイの発生条件は下の6つとなります。

① スパイクの発生前に上昇トレンドが発生していること
② スパイクハイのローソク足の長さが直近のローソク足と比較して相対的に大きいこと。
③ 抑え付けられた上ヒゲが実体の3倍以上の大きさがあること
④ ローソク足の終値ができるだけ、ローソク足の始値に近いこと
⑤ 強化条件‥ローソク足の実体が陽線ではなく陰線で引けた場合はより優位性が見込める
⑥ スパイクハイ以降のローソク足がスパイクハイの始値を下抜きスパイクハイの上ヒゲを実体で上抜けないこと
スパイクローの発生条件

スパイクローの発生条件は下の6つとなります。

① スパイクの発生前に下降トレンドが発生していること
② スパイクローのローソク足の長さが直近のローソク足と比較して相対的に大きいこと。
③ 抑え付けられた下ヒゲが実体の3倍以上の大きさがあること
④ ローソク足の終値ができるだけ、ローソク足の始値に近いこと
⑤ 強化条件‥ローソク足の実体が陰線ではなく陽線で引けた場合はより優位性が見込める
⑥ スパイクローのローソク足がスパイクローの始値を上抜き、スパイクローの下ヒゲを実体で上抜けないこと

※条件③の画像補足

ローソク足

条件⑥の画像補足 スパイクのダマシパターン

スパイクのダマシ

スパイクのダマシについて

特に条件⑥についてはスパイクのローソク足のヒゲを、翌足以降のローソク足が実体ベースで抜けてきた場合は、スパイクは否定され、ダマシとなるので気をつけましょう!※またスパイクについては上昇・下降トレンド発生中に発生した場合に強く機能するため、レンジ相場ではあまり有効に機能しないため、注意しましょう。

 

スパイクハイとスパイクローのエントリーポイントとストップロスについて

スパイクについては形成したヒゲが実体ベースで抜かれた場合はダマシとなるケースが多いので、エントリーする場合はヒゲの先端にストップロスを置きましょう。またエントリーポイントとしては自分の場合はスパイクハイであればスパイクのローソク足の一つ前のローソク足の安値を翌足以降のローソク足が下抜いた場合、スパイクローであればスパイクのローソク足の一つ前のローソク足の高値を翌足以降のローソク足が上抜いた場合をエントリーポイントとして設定することが多いです。

スパイクは一時的なトレンドの反転サイン

スパイクハイやスパイクローについては多くの投資家が意識するプライスアクションのため、シグナルが出た場合は条件を確認し、強い方向性についていくことで大きなPipsを獲得できる可能性が高くなります。特に重要なラインや抵抗帯付近でスパイクハイやスパイクローが出現した時は反転シグナルとしての優位性が高くなるため、実際に色々な通貨ペアで検証してみることをオススメします ^ ^

実際のチャート事例について

例として実際のチャートでスパイクが発生している事例をいくつか載せてみますね!

・GOLD 日足 (スパイクロー)

スパイクロー事例

・GOLD 日足 (スパイクロー) 拡大画像

スパイクロー事例

→底値圏で綺麗に実体が小さいスパイクローが発生し、下ヒゲが抵抗帯となって反転していますね。

 

・GOLD 日足 (スパイクハイ ダマシパターン)

次は上昇圏で発生したスパイクハイのダマシパターンを載せておきますね。

スパイクハイ ダマシ

今回のパターンは上昇トレンドの中で高値圏で大きな上ヒゲを付けたスパイクハイが発生しています。

しかし、結果的にはスパイクハイが発生後に大きく安値を下抜けすることができず、結果的に実体ベースで上ヒゲを上抜いて、上にブレイクしてしまい、スパイクハイはダマシとして終わってしまいました。今回のスパイクハイについては上ヒゲも大きいものの実体もそれなりに残していたので、条件③にあてはまらず、上昇余力が残っていたとも推測できますね。

基本的にはスパイクが成功した場合もダマシが発生した場合も、勢いが強く動いた方向に順張りしていくのが無難かと思います。

またスパイクについては、下位足になればなるほどダマシも発生しやすくなるため、上位足をメインに色々なスパイクのパターンを検証してみることをオススメします。どんな時にダマシが発生しやすいかなどが見えてくると思いますよ ^ ^

今回の記事のまとめ

今回は基本のプライスアクションとしてスパイクハイとスパイクローについてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。なんとなくスパイクハイとスパイクローを使ったプライスアクション分析のイメージが湧いたでしょうか?

基本的なローソク足の概念でも基本を知っていると他の手法や考え方と組み合わせるとより大きな力を発揮すると思います。

プライスアクションの考え方については、すご〜くに長い道のりになりますが身につければ必ずトレードに役に立つ手法です。

今後もできるだけ分かりやすいコンテンツ記事を買いていく予定なので興味がある方はぜひツイッターなどフォローを宜しくお願い致します!!^^

 

・テクニカルにおけるスパイクとはクギのようにチャートから突出した状態を指す
・スパイクハイとスパイクローは一時的なトレンド転換を示すシグナル
・スパイクについては6つの発生条件があるため、エントリー前に確認してみましょう
・スパイクはレンジ相場ではなく上昇・下降トレンドの際に機能することが多い
・スパイクのヒゲを翌足のローソク足が実体で抜ける場合はダマシで終わるケースが多い
————————————————————–
〜XMの口座開設はこちら〜
今なら口座開設で3000円分の無料取引ボーナスがもらえます。
XMは海外口座の中で信頼性と安全性の部分で自分が一番、信頼している海外FX口座です。
XMのスタンダード講座ではなく、Micro口座であれば少額からロットの取引ができるので3000円からでも10万〜100万まで増やすことも可能なのでオススメです!
————————————————————–
プロフィール

コメント

タイトルとURLをコピーしました